バナー

 

みんなの広場

アメリカのテロより怖い医療問題

                            親に長く生きて欲しいと願う一読者

 マイケル・ムーア監督の映画「シッコ」を観ました。この作品はWEBサイトで投稿を募集し、実体験や取材したことなどを元にドキュメンタリーに展開される。
 先進国で唯一、国が運営する「国民健康保険」が存在しないアメリカ。

 国民は民間の医療保険会社に加入するしかなく、6人に1人が無保険で、毎年1.8万人が治療を受けられずに死んでいくと言われています。民間の医療保険に入っていてもあらゆる手段を講じて保険の支払いを拒否し空前の利益を上げる実利主義一辺倒の医療保険会社や製薬会社。病院も医療保険会社が医師に給料を支払って管理するシステムなので、病院は医師に保険の適用を下げるよう指導し、下げると能力評価を高くし給料を上げている。さらに医療保険会社は政治献金して自分たちに都合のいい法律をつくり、保険金を払わないでいいようにしている。

  このように医療代、薬代が高いために無保険の人はカナダに行って手術を受けたり、薬をもらったりしている。メキシコに行く人もいる。無保険の人がキューバに行って手術してもらっていたが、ほとんど無料であった。確かに経済的に豊かではないキューバだが、医療、教育では無料で受けられる。共産主義の理念が活かされていると言っていいでしょう。

 イギリス、フランス、カナダなどでは国が運営する「国民健康保険」があるのに、アメリカにはなぜないのだろう。何度か議会に「公的医療皆保険制度」創設の議案が提出されたが、議会の反対に会い頓挫している。今、民主党の大統領候補を争っているヒラリー・クリントン候補も「公的医療皆保険制度」の整備を議会に求めたが反対多数で挫折している。アメリカは自分のことは自分で守れ、国は感知しない弱肉強食の世界だと改めて思い知りました。

  映画では、旋盤で指を2本切断した人が病院に運ばれてきたシーンがあった。保険に加入していないため、この指は1万ドル、この指は3千ドル掛かるがどうしますかと医師が聞いていた。結局、この指を切断した人はお金がないので1万ドルの1本だけ接着縫合手術を受けました。
  マイケル・ムーア監督は「医療に関しては営利を追求してはいけない。非営利で、政府による運営にしなければならない。」と言っています。

 今、自・公政府は後期高齢者医療制度で75歳以上の人を別扱いにして、年金から保険料の自動天引き、低所得者への医療費負担増など「早く死ね」と言わんばかりの仕打ちをしています。
 「人々の健康を守る」というシオノギに働く者として、後期高齢者医療制度は即刻廃止すべきだと思います。赤ちゃんも高齢者も大切にする世の中に早くしたいものです。 

                                     

  ○関連リンク先