バナー

 

みんなの広場

政治家の錬金術「迂回寄付とは?」
                                     しんぶん赤旗読者

 みなさん、「迂回寄付」と言うことばをご存知ですか。
 最近のニュースで知ったのですが、何と腹立たしい話と思い投稿させてもらいました。

「迂回寄付」とは、みずからが支部長や代表を務める政党支部と資金管理団体を使って寄付金を還流させ、所得税の還付を受ける方法です。
 自民党、日本維新の会、民主党、みんなの党、生活の党の各党政治家の間で横行しています。

租税特別措置法の規定によると、政治家がみずからの資金管理団体や後援会に直接寄付した場合は所得税控除が受けられませんが、政党支部を経由させることで、最大約30%の税控除を受けることができます。
 みずからが寄付金を使えるうえ、税還付分がまるまる利益として政治家のフトコロに入ってくることになり、政治家の錬金術だという批判もあがっています。

 (「迂回寄付」している政治家や、詳しい金額は「422日付赤旗記事迂回寄付」で検索してみてください。びっくりしますよ) 

 シオノギで働く我々やほとんどの労働者は汗水たらして働いて得た給料の1円までも税金が掛けられているのに、こんなところに「迂回寄付」の税金逃れが横行していたとは国民を馬鹿にした話です。
 国民には、消費税増税などの負担を押し付ける一方、自分たちは脱税まがいの「迂回寄付」を平気で行う、こんな政党や政治家はぜったい国会議員にしたくないと思いました。


 

  ○関連リンク先