みんなの広場

シオノギは利益を「貯めこみ過ぎ企業」
                                 「週刊ポスト」の記事から
                                                       一労働者

 みなさんの中でも、読んだ方がいるかと思いますが、『週刊ポスト』(923日号)“内部留保と平均年収で分かった利益を「貯めこみ過ぎ企業」ランキング”(社員にも、株主にも、景気にも還元していない企業はどこ!?の記事のなかで内部留保額ランキングの75位に塩野義製薬が入っています。

 これを見ますと以下の通りとなっています。

時価総額

160820363万円

従業員数

5896

内部留保額

50394600億円

内部留保前年比増減額

(増減率)

4844900万円

10.60%)

平均年収

890万円

平均年収前年比比率増額

(増減率)

541046

6.50%)

1人あたり内部留保額

8547万円

 そして、“内部留保増と年収増の乖離が大きいTOP101位は、サービス業のオリエンタ

ルランドで乖離額
1323万円、2位日本たばこ産業、3位JR東海と続き、塩野義製薬は乖離額975

円として5位にランクインして
います。

 内部留保については、経済の循環問題でも、内部留保の増加が世の中の金の流れを堰き止 め、

消費を冷え込ませ
て格差の拡大とさらなる不景気を招いていると言われています。

 会社は、自ら従業員への還元に努力するとともに、労働組合は、会社側に対して企業としての社

会的責任を果たす
とともに、従業員の働く意欲が高まるよう、内部留保をもっと還元するように交

渉を頑張ってください。


バナー

 

  ○関連リンク先